DAY1.2



う〜ん・・・来年の恒例2月のぬくぬくTripはどこにする?
去年の東台湾も良かったけど(まだ更新してませんが・・・)、今回はまだ行ったことないとこに行きたいね〜とぶつぶつ言っていた9月末。
春以来、こんなとこに1回は行きたいなぁ〜と、漠然と考えていたEl Salvadorが、ふと、再び頭に浮かんだ。
でも、すぐ消えたんだ。だって、正直治安だとか衛生面とか、いろいろ聞く話は・・・ネガティブなものなんだもの。

というわけで、別の場所に行くことに決めていたのですが、
でも、なんだかひっかかって、気付いたら、WSJの細田さんにメールしていた。

ネガティブなイメージだけでなく、僕らには語学力という問題もある。しゃべれない我が家だけで行くのは、やっぱり少々不安。
でも、細田さんからの『乾季は、アベレージ胸前後。大きいと頭半。風は1日中オフショア。胸以下のサイズになることは極稀。人少ない。』
というメールにテンションあがっちゃって、何とかなるかな?と考えるように。

でも、話が具体的になればなるほど、チキンな虫が騒ぎだし、
ここはやっぱり通訳がいないとやばいよねぇ〜と、慌てて通訳探し。
候補はずばり3人。
すぐさま3人に打診したところ、なんと幸運にも、ゆきぽんが僕たちのおもりをしてくれることに!
おお神様、仏様、ゆきぽんさま〜。

タミフル耐性インフルエンザが流行したりと、
かなり健康にケアしながら業務をこなし、
(といっても、無防備に飲みには行ってましたが(^_^メ))
無事出発の日を迎えたのであります。

この経済情勢を表すかのような閑散とした成田空港で、ゆきぽんと合流。
SQカウンターに一番乗りして、
わかに教えてもらった眼力で、無事スクリーン前の座席をゲット!!

フライトまでタイ料理とビールで乾杯。
結構時間あるので、すでにへろへろ・・・。
おかげで、搭乗後離陸する前に、見事に爆睡モード突入。
何とか食事で起きて、映画イキガミを見て、再び爆睡モードzzz。
気付いたらもうLAX目前。
LAXでいつもお世話になっている
MoreParadiseUSAの益子さんと合流。

そう、CAでの半日ガイドをお願いしていたのです。
ガイドといっても、ウェット持っていくのは大変なので、
海に入らずもちろんショッピングでっす!!

Patagonia、Mollusk、Shelterにてアパレルスイッチ全開。
なんてったって、円高ですから、
物によっては、半額っすよ♪

ゆきぽん、それ買った方がいいよ!
とかって、お互い買い物煽りまくりです。
買い物すりゃ、腹も減ってきたので、
お昼ご飯は、IN-N-OUT Burgerへ。
ここんちのポテトも好きです。

成田から、ゆきぽんも我が家の食いしん坊モードに、
無理やり付き合わせているので、
この旅できっと胃がでかくなることでしょう、フフフ。

えっ、ぼく?
当然、コーラ飲みまくりの人のポテトまで食べまくりでつ(笑)
最後は、ハンティントンビーチへ。
HSSにて、ゆきぽんはサーフボード大人買い!!
ていうか、この安さやばぁいですね。

リーシュも10ドル均一で売ってたし。。
その後は、名物ピア観光。
歩いていると、突然釣り人が何かを釣り上げた。
よくみりゃ、エイ・・・・初めて見ました、こわっ。

夕飯は、メキシカンでディナー。タコスとブリトーに、やっぱりうめっすわ!!パクチー最高♪
そして、5か月ぶりのTEKATE。これまた、最高っすわ♪


ディナー後、深夜のフライトにそなえ、22時頃LAXへ。

TACA航空にチェックイン。もうここからは、ゆきぽんサマサマです。
オネイさんの英語、早すぎてまったくワケワカメですもん。。
こりゃつるこちゃんと二人だったら、完全パニックってたな。

ゆきぽんのおかげで、エクセスチャージの支払いなど非常にスムーズ。

フライトまでまたまたビール&シーフードから揚げで乾杯です。

搭乗した飛行機はびっくりするくらいきれいで座席も広い。
ど迫力のスッチー達にびびりながらも、あっという間に爆睡モード突入です!

かなり風が強かったのか、揺れにゆれて、起きたらもう着陸寸前。
前情報もあまりいれずに入国したもので、
てっきりロンボクの空港みたいな感じかな?なんて思っていたら、あら!びっくり。
実に近代的な空港です。
車椅子に乗っているのは、だいたい先住民と思われる方たちで、
その顔貌は、日本人に極めて近かったのにびっくり。

入国審査では、ひたすらスペイン語で話しかけられ、
??という顔していたら、たどたどしい英語で話しかけられ、
Surfingしにきたといっても、全く理解してもらえないみたいな・・・。
ゆきぽんを担当した英語が堪能な審査官が助け舟を出してくれて無事通過。
やっぱゆきぽんがいないとダメだったかも・・・。

今回のガイド“ウォルター”と合流、
デリカに荷物を積み込み、まずは最初の滞在先。
東部のラスフローレスエリアへ、3時間強のドライブです。

あっ、ここで今回の旅程をば紹介。この国には、主なサーフエリアが東部と西部の二か所あります。
そんな二か所を堪能するという欲張りプランなので、東部に3泊、西部に2泊する予定です。


首都にある近代的な空港を一歩離れるとすぐ平原が広がり、
途中、何個かこんな感じの街を通過します。
どの街も青空商店は活気に充ち溢れてます。

この国は、火山国。
富士山みたいな山が点在しております。

目的地に近づくにつれ、徐々に田舎になってきます。
最後は、未舗装路になり、
おいおい、ずいぶん田舎に来たなと思ったところで、
滞在先のサーフキャンプ『アトラカマニ』に到着です。
ここは、ラスフローレスのメインポイントから歩いて30秒という
最高の立地にあるサーフキャンプなのです。

パッキングはずし、早速波チェックしにいきます。
本当に歩いてすぐにポイントです。
ビーチには、こんな風に船が何艘もありました。

さて、このラスフローレス。
ポイント情報では、
『岬の先端からブレイクするサンドボトムのライトハンダーは
決まれば300mもの距離を乗れる。
6〜8ftかそれ以上のサイズでロータイドの時は上級者向けの波で、
J-Bayやベルズと比較される事もあります。
3〜5ftの小さい時は、
リンコンやヌーサと比較される事があるスーパーファンウエーブです。』

と、涙ものの解説のポイントなんでつ。
んで、御覧の通り、頭程度のブレイクはあるものの、
超激オフショアで、サーフィンどころではありません。
ま、焦る必要もないですし、キャンプに戻ってまったり。
まったりといっても、やることないので、
とりあえず風がやみそうな夕方までお昼寝してみることに。
と、ぼく、即寝。

が、夕方になっても風は相変わらずビュービュー・・・。

こりゃ本日はNo Surfでいいでしょと、二度寝です。
残念という気持ちより、うぅ・・・昼寝最高に気持ちイイ。。
っていうモード。
キャンプ内外観はこんな感じ。
ハンモックにプールにマッサージに、十分な設備揃ってます。

この旅を通して感じたことですが、それにしても、この国の人達はよく働きます。
本当によく掃除をしてます。何度も何度も。
ディナーは近くの町へ出かけ、トラディショナルな食堂に入店。
カウンターのショーケースから食べたい物をOrderする小料理屋スタイル。
チキンに野菜に、ブラックビーンズのペーストをチョイス。
主食は、もちろんトルティーヤ!!
←タマレス
店のおばちゃん達のおやつとしておいてあったタマレスだが、
目ざとく見つけて、もちろん注文でっす♪

初日から飯スイッチ入りまくりで、満足満足。
ブラックビーンズにはまりました。
でも、これのせいで、Trip中お腹が発酵してたかも!?

ビールは、Supremaという銘柄。
結構、日本のビールっぽくしっかりした味わいでうまかったですな。

ほろ酔い&満腹&移動疲れで、
さっき昼寝したばっかなのに、宿に帰ったら、そく就寝しちゃいました。

はて・・・明日は風止むんでしょうか!?

つづく